デプスゲージでの校正をお考えならJEMIC

絶縁用保護具・防具は、使用による損傷や自然劣化等の発生が見込まれます。当社のサービス概要は、取引に利用する電気機器の検定や検査を行い、電気標準等の維持、供給を行っております。主力商品・サービスは電気の取引に使用される電気計器の検定で、公正で適正な電気取り引きが行われるように業務を行っています。お客様のお宅にある電気メーターの検定、計測器の校正を、厳しい基準に基づき公正中立に行っている機関です。当社の強みは、電気メーターの検定及び計測器の校正等において公正中立な機関で技術で確かな信頼を築いていることです。我が社は、電気の取引の適正な実施をするために、電気計器の検定等の業務を行っている公正中立な機関です。対象エリアは、北海道と東北と中部と北陸と関西と中国と四国と九州と沖縄地方で、それぞれ支社があります。対象エリアについては、日本全国各地にそれぞれ営業所や、支店がありますので、日本全国的に活動しております。事業内容 は、家庭用や業務用の電気計器の検定と検査をすることと、毎日の生活には欠かせない電気の維持と供給、電気計測等の研究や開発です。ターゲット層は、電気の取引に使用する電気機器の検定を必要としている企業や貸ビルやアパートを経営する個人です。特定校正は、計量法校正事業者登録制度(JCSS:Japan Calibration Service System)の登録を受けようとする事業者及び登録を受けた事業者の標準器(特定二次標準器)の校正を行います。また、階層的に国家標準にトレーサブルな常用参照標準器の校正は、JEMICのJCSS校正を御利用ください。検査機器は品質の信頼を保証すること、製品の品質や信頼を得るために様々な検査機器や測定装置が検査に使われています。電気計器検定所の技能試験の特別料金は、技能教科で優秀な成績の場合、通常料金2800円と比べて、1700円です。料金は、電気計器の検定や変成器付電気計器検査などPDFでサイトに掲載していますので、事前に情報として知ることができます。お取引用電気計器等の検定・検査、電気標準等の維持供給、また電気計測に関する開発研究を対象エリアとしております。JEMICは、国際MRA対応認定事業者でもありますので、JEMICが発行するJCSS認定シンボル付校正証明書は、国際試験所認定協力機構(ILAC)に加盟する全ての国と地域で相互受け入れが可能です。

関連記事

ページトップへ戻る